鍼灸師の国家資格を取得するために|専門学校で知識を修得

医者

選択の仕方や基準を把握

放射線技師になるには受験資格が得られる学校を卒業する必要があり、その1つに専門学科を設けた大学があります。医療系の学科のある大学は増えており、全国から学習にふさわしい大学が選べるようになっています。選び方としては、専門サイトから簡単に情報を入手することができるので、選びやすいメリットがあります。

詳しく見る

施術道具

学ぶ学校を決める

鍼灸師になるには、はり師ときゅう師の両方の国家資格を取る必要があり、それぞれの資格を得るには受験資格を得るために大学または専門学校に通わなければいけません。大学では広範囲の知識を付けることができ、専門学校は最短距離で鍼灸師になれるメリットがあります。

詳しく見る

男女

時間をかけて習得できる

放射線技師になるにはいくつかの選択肢がありますが、4年制大学なら幅広く時間をかけて学ぶことができます。学費も気になるところですが、ほかの医療系学部と比べて大きな開きはなく、1年次につき150万円程の金額を想定しておけば問題ありません。

詳しく見る

鍼灸

仕事内容と取得方法

鍼灸師という資格はなく、はり師ときゅう師という2つの資格から構成されている資格の呼称です。患部を針やお灸により刺激を加え、人間の持つ自然治癒力を増進させて治療していく手法を行います。国家資格であり養成機関で学ばないと受験資格を取得できません。

詳しく見る

レントゲン

実習に参加できる

放射線技師を希望する人の多くが今大学に通うという選択をしています。大学では即戦力になる放射線技師を育てるためにあらゆる授業や実習を行っています。これらを行う事によりどんな場所でもすぐに対応できる理想の放射線技師になる事ができます。

詳しく見る

国家資格である

鍼灸

いろいろな所で働ける

鍼灸師は国家資格であり、専門の学校に行って勉強をして、国家試験に合格すること枝取得できます。専門学校で勉強する期間は3年間で、高校を卒業した後にその学校に入るのが最短のコースになります。もし大卒で働いている方だったら、もう一度学校に入り直さなければなりません。その場合は、夜間に授業を行う鍼灸師の専門学校を選ぶと良いでしょう。鍼灸師の国家試験の合格率は、80%前後なので難関な試験とは言えません。しかし、専門的な知識を問われるので、学校に通ってそれをしっかり身に付けておく必要があります。鍼灸師の国家試験は筆記試験であり、医学に関する知識が問われます。試験科目としては医学概論、東洋医学概論、リハビリテーション医学、生理学、病理学概論などがあります。資格を取った後は、いろいろな所で働けるようになります。一般的な働き方は、各地の鍼灸院で働くことです。鍼灸院だったら、自分の学んだことを直接生かすことができます。自分で鍼灸院を開業する人もいます。この場合はややハードルが高く、その院の経営がうまくいくまで時間のかかる場合があります。最近は、鍼灸院以外の就職先も増えています。例えば、有料の老人ホームに入る人もいます。このような施設は、居住者が健康的に暮らせるように鍼灸師を雇う場合があります。介護施設の仕事は多いわけではありませんが、今後増えることが予想されています。これ以外だったら、整骨院などで働く仕事があります。また、医療系の仕事はこのような技術職だけではありません。医療事務や医師事務作業補助の仕事もあります。これらの職種も専門学校で学ぶことが可能です。専門学校によってカリキュラムの内容や企業研修先が異なるので事前に確認しておきましょう。

Copyright© 2017 鍼灸師の国家資格を取得するために|専門学校で知識を修得 All Rights Reserved.