鍼灸師の国家資格を取得するために|専門学校で知識を修得

仕事内容と取得方法

鍼灸

実は2つの資格から構成

鍼灸師とは国家資格であるはり師ときゅう師の2つを持っている者を指します。この2つの資格を同時に取得する人がほとんどです。鍼灸師という資格はありませんが、当然として仕事をする上で2つ共取得するので、分けずに鍼灸師と呼ばれるようになりました。仕事内容は字の通り、針と灸による刺激を加える事で様々な病や不調を改善を図る事です。中国から伝承された医術ですが、日本でも平安時代から取り入れられています。東洋医術であり、基本的に人間が持つ自然治癒力を活性化する事を目的にしています。この鍼灸師は、はり師ときゅう師に分かれているので施術内容は違います。はり師は患者に合わせて適切な場所に針を刺します。針により刺激を加える事や、症状により電流を流す事で血流を整えたりします。針は非常に細く、痛みはありません。きゅう師も適切な部位に刺激を加える事で不調を整えます。その手法がもぐさを使用した温熱療法です。鍼灸師になる為にははり師ときゅう師の資格が必要であり、資格がないと上記の施術を行う事はできません。この資格を取得する為には国家試験に合格する必要がありますが、誰でも受験はできません。まずは国の認可を受けた養成機関で技術や知識を学び、卒業により受験資格を取得できます。鍼灸師の働く場所は独立開業した鍼灸院が一般的です。他には整形外科や神経内科等、鍼灸を治療に取り入れている医院に勤務する鍼灸師もいます。また体の構造を理解している専門家である事から、スポーツトレーナーやスポーツチームの専属スタッフになる人もいます。自然治癒力を増進させる効果から最近では美容業界でも注目されている資格です。

Copyright© 2017 鍼灸師の国家資格を取得するために|専門学校で知識を修得 All Rights Reserved.