鍼灸師の国家資格を取得するために|専門学校で知識を修得

学ぶ学校を決める

施術道具

学習内容と学費の違い

鍼灸師という資格は厳密にはなく、はり師ときゅう師の両方の資格を持っている人を鍼灸師と呼んでいます。はり師もきゅう師も両方とも国家資格になっているため、受験する資格を満たして国家試験を受けなければ鍼灸師になることはできません。受験資格は省庁によって定められている大学または短大または専門学校に3年以上通って卒業しなければいけません。鍼灸師になるには大学でも専門学校でもなることができますが、どちらで学んだらよいかは学習意欲や学費によって決めると良いでしょう。大学では鍼灸師になるのに必要な知識だけでなく、かなり広範囲のことを学ぶことができます。必ずしも免許取得だけを考えた教育方針ではない上に大学を卒業するには4年間かかるため最短期間で鍼灸師になりたい人は専門学校の方が向いているかもしれません。しかし、学生のうちから鍼灸にかかわる基本的な手技や知識だけでなく、様々なケースでの手技や知識を学ぶことができるのは大学での教育ならではの利点です。一方、専門学校では最短の3年で鍼灸師になることができ、資格取得を第一に考えているため教員も資格取得に向けて教育をしてくれます。学費に関しては大学の方が2倍程度の学費がかかることが多いので、専門学校の方が経済的には楽だということができます。鍼灸師の就職は若くなければできない訳ではないので、時間や費用に余裕があるのであれば、大学を出てから専門学校に進学するといった方法も可能です。

Copyright© 2017 鍼灸師の国家資格を取得するために|専門学校で知識を修得 All Rights Reserved.